短期前払費用に係る処理はどうする?

予想外に利益が計上され何か節税策は無いかとなった時、支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るもの(短期前払費用)を支払った場合には、継続適用(単年ではダメ)を要件としてその支払額をその支払った事業年度に損金の額に算入する事が出来るという制度が設けられています。 例えば、事務所家賃、倒産防止共済掛金などが代表的なものです。資金的に余裕があるのであれば一度検討してみて下さい。